ちあいんぐりっしゅ

気になる英語を解説します!

英語を勉強したいけど何から始めればいいか分からない人に伝える方法

2020、世界中でウイルスが蔓延し危険な状態に陥った関係で

外国からの観光客がいなくなり五輪も延長される事態となりました。

5月現在、緊急事態宣言も延長になり

自宅での自粛を余儀なくされている方も

少なくありません。

 

外出できない日常が1ヶ月以上続いてる中、

そろそろ誰もが家でやることが

なくなってきたころではないでしょうか?

 

こんな時間が無限にある状態の時は

自分のスキルを磨くために時間を使うのも一つの方法、

ということで

「英語を勉強し始めたい、

でも何からすればいいのかわからない人」向けに

私が英語を学ぶために経験してきたことを書いていきます。

 

 

 目次 

 

私の英語学習履歴
英語との出会い
中学入学前
中学在学中
高校在学中
学校の授業以外でしたこと
外国語短大在学中
まとめ

 

 

【私の英語学習履歴】

はじめに、私は田舎生まれの生粋の日本人で

「生まれたときから英語の環境がある人」ではありませんし

留学経験やネイティブスピーカー並みに英語力がある人ではありません。

高校在学中に英検2級を取得して

夜間のカリキュラムがあってバイトと両立しやすいからと理由で

外国語系短大に進学後、ホテルでフロントを勤務。

その後ホテル業からは離れましたが

インバウンドが多い場所での仕事をしているおかげで

最低限の日常会話を使って働いています。

 

 

英語との出会い

初めての英語との出会いは小学1年生の時で

私の通った小学校は中学校が隣接していて

たまにその中学校で働いてるALT(外国語指導助手)の先生が

小学生向けに授業を行うプログラムがありました

 

内容は「英語であいさつして、自己紹介をしてみよう」という

ありきたりなテーマでしたが

その時担当してくださった先生が

多分生まれて初めて見た外国人で

英語で話しかけてくるのがすごくかっこよく見えたのです

 

先生にたくさん話しかけたくて

英語に興味を持ったのはこの時です

 

 

【中学入学前】

私には5歳上の兄がおり学年の差があったため

いらなくなった教科書をよくおさがりでもらっていました。

その中に中学生用の英語辞書があり、

冒頭の部分がカラーになっていて生活で目にするものや

体の部分、色などを分かりやすく知ることができ

CDもついていたので動物の鳴き声や

簡単な会話を繰り返し聞いていました

この時は英語を勉強しようというよりは

「面白そうな本をもらったから読んでみよう」という

感じで楽しみながら勉強してました。

 

また、アルファベットの解説ページもあったので

見よう見まねで大文字小文字で

ノートに書き写して遊んだりもしていました。

 

 

【中学在学中】

 英語の授業が始まったので3年分の教科書に載ってる言葉や

内容をマスターするように勉強しました。

この頃から音楽をよく聞くようになり

「J-POPの英語の部分何て歌ってるんだろう?」という興味から

洋楽を聞き始めて、好きなアーティストが見つかり

歌詞を見ながら意味を理解するようにしていました。

中学になるとジーニアスという英和辞書を使うようになっていたので

分からないことがあれば辞書で調べ倒すのを繰り返す毎日でした。

 

洋楽を中心に英語の勉強をしていたおかげで

英語の成績が良くて、学校にいるALTの先生と

仲良くなった流れで英語弁論コンテストに参加しました。

コンテストは自分が経験したことをもとに

伝えたいことを英語にして発表するものなのですが

準備期間中はALTや英語の先生につきっきりで

指導してもらい、発音や文の作り方を教えてもらいました

この経験から、

「授業で習う発音とネイティブの発音が違う」ということに

気づいて、もっと英語を勉強したいと思うようになりました。

 

 

高校在学中

中学の時と変わらず、教科書の内容・言葉をマスター目指して

繰り返し復習して、洋楽を聞いてわからない単語も調べていました。

高校の授業ではたまに洋画を見るだけの時間があり

先生の意向で強制的に字幕で見せられるので

物語の中で繰り広げられている会話が新鮮に感じられたし、

英語で話しているからこそわかるジョークなどもあり

学校で見た同じ作品をレンタルビデオ屋さんや

ネット上で探して繰り返して見ていました。

Youtube上でも映画の一場面を切り取ったものに

英語字幕が付いていて文字を見ながら意味を理解していく

動画もたくさん上がっていたのでそういうものや

家でCS放送の契約をしていて、FOXやディズニーチャンネル

休みの日に見ていました。

またこの時はGLEEやTWILIGHTが大流行りしている時期だったので

毎週楽しみにしていました。

 

高校卒業後は地元を飛び出して

関西にある夜間の外語短大に通ってから就職したいと決めていたので

卒業間近に入試レベルと同等の英検2級を受験して見事合格、

入試受験も見事合格して外語短大に入学しました。

 

 

学校の授業以外でしたこと

 毎日のように単語帳とにらめっこしていたので

単語力はそこそこ自信があったのですが

文法があまりよく理解できていなく

会話や作文が苦手だったのでネット上のペンパルサービスに

登録してそこで出来た友達とメール交換をしたり

ALTと交換日記したり、添削サービスを利用して

文を直してもらったりしていました

 

基本的に相手はネイティブの人ばかりだったので

学校で習う文章よりも、もっと自然で

日常で使える言い回しも覚えられるのでおすすめです

 

 

【外語短大在学中】

短大卒業後は国内で英語を生かせる接客業に就きたかったので

英語で使えるホスピタリティや英語でのホテルサービス、

道案内などを中心に勉強していました

短大では週に1回ネイティブ先生による英語オンリーの

授業もあり、授業中の質問や会話も英語でしなければいけなかったので

どう話したら伝わるのかなど考えながら話す勉強になりました。

また全部英語で書かれた細い物語の本を

自分の英語レベルに合わせて読んでいき

分からないところは調べて、英語力をあげていくという

カリキュラムもあり高校以上に英語に囲まれる環境で

勉強することが出来ました。

 

 

まとめ

「日本は英語の環境が少ない」とよく言われますが

探してみると意外と見つかるものです。

今は洋画のストリーミングサービスやYoutubeでの学習動画も

たくさんあるので自分が気になる話題、作品、人物など

やる気につながりやすいトピックを選んで

勉強していくと楽しく勉強できると思います。

 

英語に限らず、他の言語を身に着けるには

地道な努力がないとうまくいきません

学び方は無数にあるので自分のレベルや、やり方に合わせて

続けられる学び方をおすすめします

 

どんなことでも続けることで実を結ぶものですので

ゆっくり勉強して、ペラペラ英語を目指しましょう!

最後まで読んでくださってありがとうございました!!